集合知はオーガナイズされる段階に進む

World Wide Webの生みの親であるティム・バーナーズ・リー氏も指摘するように、個人情報が漏洩する危険性は日に日に強くなっている。ソーシャルネットワークにポストする情報はもちろんのこと、ネットワークに接続されている限り我々の位置情報は逐一記録されているし、昨年話題になったようにスマートフォンは指の動きを常に記録している。米国では50以上の団体が小型カメラや赤外線を装備した無人機の利用を許可されている。

こうした合意なしに取得されてしまう情報を恣意的に削除したり堰き止める手段はサービスやデバイスを使わない以外に今のところほぼないので、個人でできることは余計な情報を自ら流さないようにするくらいだろう。

今はまだ個人データの利用方法が成熟していないので事態は表面化していないものの、遅かれ早かれ騒がれることになる。集合知が「集める」段階からオーガナイズされるレベルに今後進むのはほぼ間違い未来と言えるからだ。
つまり個人がなんらかのインターフェイスによって入力したデータ(本人がいとしようがしまいが)によって次なる価値を生み出す試みである。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中